\r\n(引用終わり)\r\n\r\n今回の事故の賠償金は約10億円でした。\r\n\r\nただ、京都市内の老朽化した上水道管は相当数あると思われます。しかも、敷設してから時間が経つ毎に老朽化は進行してゆくのです。\r\n\r\n次に上水道管の破損事故が起きる前に、残り全ての老朽化した上水道管を新しいモノに交換できなければ、京都市はさらなる賠償金を支払う事態を招くことでしょう。\r\n\r\nさらに、京都市を含め水道事業を行っている自治体で、老朽化した水道管を一気に交換できるだけの財政豊かなところは、皆無でしょう。\r\n税収などの収入不足が大きな要因です。\r\n\r\nこのような水道管のメンテナンスが困難なほど財政が行き詰まっている自治体に、「メンテナンスを含めた総合的な水道事業の民営化による経費削減」をうたい文句に、外国籍の巨大水企業(ウォーターバロン)が日本国内の地方自治体に近づいて来ることが予想されます。"}