\r\n(引用終わり)\r\n\r\n加害者の男性は、10年前にも同じようにLGBTの人々を加害していたそうです。\r\n\r\n上記の引用記事の最後には「しかしユダヤ教超正統派の信者らは、特に男性の同性愛者に対する憎悪を募らせているとされる。」とあります。\r\n\r\n何故、男性の同性愛者に対して憎悪を抱いているのでしょうか?\r\n\r\nその答えは、ユダヤ教の聖典・旧約聖書に見受けられます。\r\n\r\n旧約聖書の創世記(そうせいき)には、紀元前にソドムとゴモラという都市がかつてあり、それらの街の男たちが同性愛の性行為を行って、(旧約聖書の)神の怒りを買い、滅ぼされたという話があるそうです。\r\n\r\n現在のイスラエル国内で同性愛者がいることで、ソドムとゴモラの様に神によって滅ぼされることをユダヤ教超正統派の信者たちが恐れているのではと、私は推測します。\r\n\r\nソドムとゴモラの滅亡に関する記述がある書籍を、私は持っています。\r\n\r\n「地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜」というタイトルです。\r\n\r\n\"BlueBlood.jpg\"\r\n\r\nこの書籍は、徳間書店から2010年に出版されましたが、現在は、絶版となっているようです。\r\n\r\nこの書籍の82ページから「ソドムとゴモラは細菌兵器と核兵器で撲滅された」という項目にある記述では、ソドムとゴモラの住民は異星人による遺伝子操作実験で創られたが、その住民たちに同性愛が蔓延したために子孫が作られず生物的に繁殖できない為に「遺伝子操作されたウイルス感染と核攻撃で滅ぼされたという事です。\r\n\r\nそして、ソドムとゴモラの住民が感染したというウイルスが、現在のエイズウイルスであると言うことです。\r\n\r\n私の今回の記事の内容と、ご紹介した書籍の内容の真偽の判断は、皆様に委ねます。","mainEntityOfPage":{"@id":"http://huuunji.seesaa.net/article/423353751.html","@type":"WebPage"},"publisher":{"@type":"Organization","name":"想念体の浄化","logo":{"height":60,"width":600,"url":"https://blog.seesaa.jp/img/amp/amp_ogp.png","@type":"ImageObject"}},"datePublished":"2015-07-31T23:17:00+09:00","dateModified":"2015-07-31T23:17:50+09:00","image":{"@type":"ImageObject","width":"1303","url":"https://huuunji.up.seesaa.net/image/BlueBlood.jpg","height":"1920"},"@type":"BlogPosting","headline":"ユダヤ教超正統派の信者が同性愛者を嫌悪するのは、ユダヤ教の聖典・旧約聖書の創世記にある「ソドムとゴモラ」の滅亡の遠因がそれらの都市の住民に同性愛が蔓延したからか?"}